• HOME >
  • 安心な暮らし提案・エコな暮らしECOな家

USER’s VOICE

 

エコな暮らしECOな家。

最近、家族の健康はもちろんのこと、せっかく建てるなら環境や自然のことも考えたいと希望される方が多くなってきています。
では、エコな家とはどんな家なのでしょうか?
環境共生やエコロジーの視点から家づくりに取り組むウッドアートの建築士がエコな家をご提案します。

エコな家づくりのポイントとは。

  • ・エコロジカルな自然素材を上手に選び、省エネ&小エネ
  • ・エネルギー装置もできるだけ省エネのものを選ぶ
  • ・室内の通風、排熱などに配慮した設計&設えにする
  • ・雨水を上手に活用する

柱や梁などの家の骨格となる材料にはスギやマツといった木の無垢材を、壁などの仕上げ材には漆喰や珪藻土といった自然素材を。
またフローリングには無垢材を使用する。
すると、湿度の高い日本の夏でも気持ちよく裸足で歩けるほど、湿気を吸収してくれる常に呼吸する家、まさに自然素材ならではです。

エコロジーであるためには、日本の住宅は”夏を旨とするべし”
夏の暑さ対策がなにより大切です!


窓の配置や間取りの工夫で室内の通風を促したり、外からの熱を防ぐ外断熱と部屋の中の冷暖房効率を高める内断熱を併用する、室内の熱気が上層の通風窓から抜け出せるようにするなど、様々な暑さ対策を設計の段階で盛り込みます。
また建物そのものだけでなく、エクステリアでも暑さ対策。
夏の強い西日を和らげるため、建物の西側にはヘチマやゴーヤなどのツタがからむ緑のカーテンをご提案。見た目が涼やかなのはもちろん、植物の葉を通すことで日射しだけでなく周辺の外気温も下げてくれます。水やりのあとサーっと起こる涼しい風…
家のなかに自然がつくりだした新鮮な空気が吹き込んでくると爽やかで気持ちがいいですね。


このページの上部へ

  • お問い合わせ 住まいづくりに役立つ資料の請求はこちらよりお申し込みいただけます。
  • 無料見積依頼 住まいに関するお見積り、お問合せはこちらよりお申し込みいただけます。