山梨県南部・富士吉田市で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

パッシブデザインとは? デザインと性能を両立した省エネのお家づくり

家づくりノウハウ
公開日:2023.04.26
最終更新日:2024.02.23
R+house富士吉田の家づくり写真
R+house富士吉田の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.04.26
最終更新日:2024.02.23

パッシブデザインとは? デザインと性能を両立した省エネのお家づくり

家 鍵
今回はお家づくりを行う上でデザインと性能を兼ねそろえたパッシプデザイン住宅についてお話します。

目 次

間取りから考える、省エネ住宅にするには?

皆さんはどんなお家が理想ですか?
広くてのびのびできるリビングが良い!
窓が多くて吹き抜けがあって開放的な空間がいい!
家事動線を考えて扉がなくて回遊できるほうがいい!といった声をよく聞きます。
一生に一度の大きな買い物となると夢が膨らみますよね。しかし、お家を建てる際に「家の性能に」ついて何も知らないままだと理想のお家ができたとしても暑かったり、寒かったり・・・そういった家の場合、光熱費がどんどん上がっている今、光熱費を抑えるためにエアコンを我慢をしなければならないお家になってしまいます。
「見た目のデザイン」は目に見えてわかりやすいですが、「性能のデザイン」は目に見えないですが、非常に重要になってきます。

ぶどう型の間取り〜廊下でつながる個室がたくさんの部屋〜

例えば、皆さんのおじいちゃん、おばあちゃんのお家を思い浮かべてみてください。
玄関を入ると廊下があって、廊下に各個室がついているお家が多いかと思います。
いわゆる「ぶどう型」と言われる間取りです。
それに対して、最近のお家は玄関を入るとすぐにリビングがあり、ダイニングやキッチンとつながっていてさらに畳コーナーも一緒の空間にあってと扉や壁で仕切り、廊下でつなぐのではなく一体になっているお家が多いです。

りんご型の間取り〜広い空間で過ごす間取り〜

最近のお家は「りんご型」と言われています。
りんご型の間取り
昔は今ほどお家の性能がよくはなく、各個室を壁で仕切って廊下でつなげなければ快適に過ごせなかったのです。
そのため昔のお家には必然的に廊下というものがありました。しかし、廊下はただ人が通る場所です。廊下でテレビを見たり、本を読んだり、ご飯を食べたりはしないですよね。ただ人が通る場所ってもったいなくないですか?
ただ人が通る場所ならその場所をリビングにしてリビングを広げたり、その分欲しかったけどできなかった書斎にまわせたりしたほうが有効活用できていいですよね。

りんご型間取りで注意する点

ただ、何も考えずに扉や壁で仕切らない廊下のない「りんご型」のお家をつくるのは危険です。性能が低いお家で「りんご型」にすると寒かったり、暑かったり、光熱費がものすごくかかったり、逆に、性能が高いお家で「りんご型」にするとエアコン一つでリビング一体が快適になります。また、吹き抜けをつくったり、大きな窓をつけたりすると開放的になるのですが性能が低いお家だと快適に過ごすことはできなくなります。性能がいいお家だと吹き抜けを通して2階までも快適になったり、窓を大きくとっても快適で結露もおこらなかったりします。
理想のお家にするためにはデザインだけを重視するのではなく性能をちゃんと担保したうえでデザインを考えなければ、こんなはずじゃなかったのにと失敗してしまいます。
デザインと性能の両立が大切です。

パッシブデザインとは?

「パッシブデザイン」ということばを聞いたことがありますか?
冷暖房機器や照明などの人工物をできるだけ用いずに、風や太陽光など自然のエネルギーを建物内に取り入れることにより、快適な居住空間を確保することを目指した設計手法のことです。つまり、電気を使わないでも風や太陽を使ってお家を快適にするということです。

光熱費を抑える効果も!

現在、皆さんもご存じの通り電気の料金がかなり上がっています。2021年1月と比べて現在は1.5倍も値上がりしています。今後も値上がりし続けるともいわれ、光熱費が家計を圧迫することは間違いなく確実です。そんな光熱費をお家のデザインによって抑えられたらうれしいですよね。そこで「パッシブデザイン」を取り入れることでエアコンや電気の光熱費が抑えられ家計の負担を軽減することができます。

パッシブデザインで重要な窓

「パッシブデザイン」の特徴の一つは「窓」です。しかし、ただ単に窓をあちらこちらに設けたらいいというものではありません。朝日や昼間の太陽の光はぜひとも取り入れたいですが、夕方の西日はまぶしすぎ、暑すぎるためあまりお家の中に取り入れたくはありません。
「パッシブデザイン」で太陽の光を取り入れ、お家の中が明るく暖かくなり、さらに高気密高断熱の高性能住宅だとその暖かさを保ってくれます。また、同じ壁面に二つ窓を取り付けるのと対角線上に窓を二つ取り付けるのでは風の抜け方がぜんぜん違います。
窓

風の通り道を考える

風の抜けを考えることでお家の中に気持ちのいい風が流れます。
今後どんどん値上がりする光熱費のことを考えると「パッシブデザイン」を取り入れるのと取り入れないのとでは大きな差がひらきそうです。また、「パッシブデザイン」を効果的に取り入れ、必要最低限の窓を確保することでお家の外観がすっきりしシンプルになり、かっこよくオシャレなお家になります。性能は目に見えませんが建てた後で気にしておけばよかったと後悔する声が多いことは事実です。デザインももちろん大切ですが、一生に一度の大きな買い物で後悔をしないためにも性能をしっかり確認したうえで建てていただけたらと思います。なおかつ「パッシブデザイン」を取り入れることでより快適なお家になると思います。
この記事が少しでも参考になりましたら幸いです。

富士吉田市での家づくりはR+house富士吉田へ!

R+house富士吉田では「パッシブデザイン」の考え方や家づくりの基本中の基本を勉強会や個別相談会で説明させていただいています。失敗しない家づくりの第一歩は勉強会に参加する事です!
>>R+house富士吉田の注文住宅イベント一覧はこちら

白い家

高断熱な注文住宅

快適な住まいの条件の一つに「部屋の中が常に適温に保たれていること」が挙げられます。
いくらデザインが優れている住宅でも、夏は暑くて冬は寒い住宅では意味がありません。
理想的である“夏は涼しく、冬は暖かい住宅”を実現するためには、外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えない「高断熱性」を確保することが大切なポイント。そして、高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、「高い気密性」を併せ持つことも重要になります。
R+house富士吉田では高気密・高断熱の住宅を提供します。
こちらでは、高断熱住宅のメリットとR+house富士吉田の住宅の断熱性能について紹介します。
吹き抜けのある家

高気密な注文住宅

快適な住まいを実現するためには、断熱性と共に気密性にも気を配るべきです。どれだけ断熱性能が高くても、気密性能が悪ければ、断熱性能の効果が無くなってしまいます。
こちらでは、高気密住宅のメリットとR+house富士吉田の住宅の気密性能についてご紹介します。
採光溢れる室内

高機能換気な注文住宅

快適な住まいを実現するためには、換気性能にも気を配るべきです。室内の空気が循環しないと低酸素状態となり集中力や記憶力が低下する原因にもなります。お子様の勉強効率にも影響が出てきます。
こちらでは、高機能換気住宅のメリットとR+house富士吉田が採用する換気システムについてご紹介します。
#建築家 #省エネ住宅 #注文住宅 #新築 #高気密 #高断熱 #ZEH #HEAT20 G2 #間取り #設計 #デザイン #性能

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house富士吉田の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.23

山梨県で長期優良住宅をご検討中の方必見

R+house富士吉田の家づくり写真
暮らしのポイント
2024.02.23

【山梨県で注文住宅をご検討中の方必見】2023年電気代はさらに値上げされる!?料金高騰の理由を解説

R+house富士吉田の家づくり写真
お金
2024.02.23

マイホーム購入でかかる総費用とその内訳!

R+house富士吉田の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.23

【土地選びの基礎知識】建ぺい率・容積率とは?

前へ
【山梨県の住宅ローン商品を比較!】返済シミュレーションについてもご紹介
【山梨県で住宅ローンを組むまでの流れ】住宅ローン減税についても解説!
次へ
【山梨県の住宅ローン商品を比較!】返済シミュレーションについてもご紹介
【山梨県で住宅ローンを組むまでの流れ】住宅ローン減税についても解説!

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例を紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

長期優良住宅の文字と家の模型

長期優良住宅を標準とした注文住宅

高断熱高気密の家は常に気温が一定に保たれる為、冷暖房の使用を抑えることができます。その結果、ランニングコストが減り家計を大いに助けることになります。また、省エネ性能が高い事で、住宅ローン減税で帰ってくるお金が増えたり、低い金利でローンが組めたりと多くのメリットがあります。
建築家の写真とロゴ

暮らしを豊かにする建築家住宅

R+house富士吉田の家づくりの根幹である”優秀な建築家”による設計。お客様の理想の暮らしや今後のライフプラン、立地条件や周辺環境を踏まえて、建築家がお客様にとって最適なプランを設計し、ご提案します。 お客様の個性(=あなたらしさ)やライフスタイルは、家づくりにおいて重要な要素と考え、建築家は丁寧にヒアリングを行い、建築家ならではの発想であなたのためだけのデザインをご提案します。「今、必要なもの」だけではなく、この先のお客様の暮らしを一緒に創造できるのが建築家です。
また建築地が狭小地や変形地でも、その土地を100%活かした素晴らしいプランをご提案できます。不利な条件、一見あまりよくないと思われる土地でも、快適な住まいをデザインできるのがR+house富士吉田の建築家です。その結果、土地代を最小限に抑え、全体の費用を抑えることも可能になります。
新築工事

高耐震な注文住宅

住宅を建てる際にまず考えるべきが安全性です。地震など災害が発生した際に家族を守れなければ、住まいの役割を果たせません。また、どれだけ高い性能の家を建てても、その状態が永く続かなくては意味がありません。耐震性が低い家では、地震に耐えることができませんし、防水・防湿性が低いと、雨漏りや壁内結露が発生し家の耐久性を下げるばかりか、シロアリ被害にあってしまいます。
ここでは安心して暮らすことのできるR+house富士吉田の耐震性能をご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house富士吉田の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

R+house富士吉田の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

ウッドアート株式会社
住所
山梨県西八代郡市川三郷町上野2915-1
営業時間
09:00~17:00